エコキュートの選び方

Step.1家族構成、湯量からタンク容量を選ぶ
エコキュートの出湯量について

エコキュートの出湯量計算式

例)タンク容量:460L、タンク内温度:80℃、給水温度:5℃、使用温度40℃の場合
40℃使用可能湯量の目安

エコキュートを選定するにあたり、まず大事なのは作ったお湯を貯めておく貯湯ユニットのタンクの容量です。普段生活する上で必要な湯量を考慮して貯湯ユニットのタンク容量を決めます。タンク容量が必要な湯量より少ないと、お湯を使っている途中でお湯切れしてしまいます。また、必要以上にタンク容量が大きすぎると効率が悪くなります。そのため、エコキュートを選ぶ上で貯湯ユニットのタンク容量の選定は非常に重要になります。

2〜4人家族
2〜4人
家 族
300Lタイプ
3〜5人家族
3〜5人
家 族
370Lタイプ
4〜8人家族
4〜8人
家 族
460L・550Lタイプ
Step.2機能から選ぶ

エコキュートはガス給湯器などと同様に、お湯はりから保温まで全自動のフルオートタイプや、おふろの温度が下がってきた際に足し湯をするタイプ(オートタイプ)、追焚機能の無い給湯専用タイプなどがあります。また、床暖房などに接続出来るタイプのエコキュートもあります。
ご家庭の使用形態に合わせて機能を選びます。

Step.3設置場所から選ぶ

エコキュートは比較的敷地に余裕がある場合に設置するタイプや狭小地に設置するタイプ、マンション等の集合住宅に設置するタイプなど、いくつかの種類がありますので、設置場所に合わせて適切な機器を選定します。

角型タイプ
角型タイプ
省スペースタイプ
省スペースタイプ
エコキュートライト
エコキュートライト
Step.4地域から選ぶ

エコキュートは地域によって設置に適した機器が変わってきます。
お住まいの地域の最低気温を目安に、地域に合わせたタイプを選定します。

地域から選ぶ

※平成25年省エネルギー基準における地域区分

寒冷地向け
主に次世代省エネルギー基準1~3地域及び最低気温がー25℃までの地域は、寒冷地向けエコキュートを選定します。
一般地向け
主に次世代省エネルギー基準4~8地域及び最低気温がー10℃までの地域は、一般地向けエコキュートを選定します。
塩害地向け
お住まいが海に近く潮風の影響を受ける地域は、塩害地向けのエコキュートを選定します。
ご注意ください!その工事は安全ですか?ガス機器の工事には資格が必要です!
給湯器販売工事会社満足度3冠達成!

お手続き・
保証等について

キャンペーン・
ピックアップ商品等

複数台まとめてお得に!

省エネ機器について

給湯器を選ぶ参考に

給湯器のエラーコード
・症状について

施工事例・お客様の声

会社情報

その他