給湯器・ガスコンロなどに関するお役立ちコラム

給湯器の888(88)エラーの消し方・解除方法・リセット方法は?

/

給湯器(ガス給湯器・石油給湯器)のリモコンに表示される「888」もしくは「88」のエラー表示は、ご使用の給湯機器の点検時期を通知するサインです。故障や異常ではないため使用はできますが、安全に製品をご使用いただくために点検(あんしん点検)されることをおすすめします。
※一般的なご使用の場合、ご使用から10年程度(業務用製品は3年程度)で表示されます。
(通電時間 365日×24時間×10年程度)
※長期使用製品安全点検制度で定められた製品は法定点検の対象になります。

888のエラーコードについて

2008年頃より製造されましたリンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス社等の給湯器において、一般的な使用で10年相当の使用経過後に、リモコンに「888」もしくは「88」のエラーコードが点灯(点滅)され、点検の時期をお知らせします。
(原因が故障ではないため使用はできますが、安全に製品をご使用いただくために点検されることをおすすめします。)
※このエラーコードが表示される症状が出ましたら、そろそろ給湯器交換をご検討されても良い時期になります。

888(もしくは88)の表示が出た場合の対処方法について

■888(もしくは88)が表示された場合の対処方法(消し方)は下記の通りになります。

●対応方法[1] 各社のメーカーサービスマンによるあんしん点検(有償)を受けること
該当メーカーのサービスマンがお伺いしてエラーを解除いたします。
888(88)エラーが出た際のエラー表示の解除は、メーカーのサービスマンしか行うことが出来ません。そのため、メーカーのサービスマンがお伺いして解除作業をさせていただきます。費用はメーカーや機種によって異なってきますので下記の「888(88)エラーの点検費用はいくらかかる?(点検費用の目安)」をご参考にしてください。

[あんしん点検]
あんしん点検は、法令に準じて経年劣化に起因する製品事故を防止するため点検を行うことを推奨する有償点検制度。消費生活用製品安全法(消安法)に準じて、長期のご使用に伴い生じる経年劣化による製品事故を未然に防止するため、お客さまの申し出により点検を行います。
あんしん点検は法定の点検ではなく、点検した時点での製品の安全を確認するためのもので、製品の延命や性能の保証を延長するものではありません。

[点検までの流れ]
1.各社のホームページの申し込みフォームに入力するかコールセンターにお電話をして申し込みます(点検依頼)。
2.点検日時のお打ち合わせをします。
3.お約束の日時に点検を実施しエラー表示を解除します。

●対応方法[2] お客様より直接、各メーカーのお客様センターにお電話にてご連絡をしていただき、解除方法を聞いて解除する。
(こちらの方法の場合、無償になりますが、また1年後に同じ表示がされます。)

●対応方法[3] 給湯器を交換すること
888(88)エラーは給湯器の設計上の標準使用期間(耐用年数)が過ぎたことを示すものになりますので、888(88)エラーが表示されましたら、そろそろ給湯器の交換をご検討する時期です。毎日使うお湯ですので、突然の給湯器の故障に備えて888(88)エラーが表示されましたら、給湯器交換の準備をお薦めします。
給湯器の使用頻度や使い方によって寿命は変わってきますが、一般的に10年以上経過した給湯器は故障率も高くなり、また、該当給湯器が生産終了から10年以上経過している場合は、修理部品が無く修理が出来ない可能性が高くなり、修理ではなく給湯器の交換が必要になることがあります。
また、特注色仕様の給湯器や耐塩害仕様の給湯器、特注仕様の部材が必要な場合など、納期に日数が掛かることが多いため(約1ヶ月程度掛かります)お湯が無いと特に困る冬場の時期に備えて余裕を持って給湯器の交換をご検討された方が良いと思います。
湯ドクターでは、安心・安全・責任施工をモットーにお客様に合った給湯器を、出来るだけ安価にてご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください!

[給湯器交換までの流れ]
1.見積もり依頼(お客様 → 当社)
2.概算お見積りの案内(当社 → お客様)
3.現地調査のご依頼(お客様 → 当社)
4.現地調査の実施(当社 ※無料です)
5.正式見積りの提出(当社 → お客様)
6.正式ご依頼(お客様 → 当社)
7.工事実施

888(88)のエラー表示が出た場合の各メーカーのお問い合わせ先について

●リンナイ 給湯器の場合】
【リンナイ保守点検コールセンター】
フリーダイヤル(無料):0120-493110
リンナイ「888」エラー表示関連ホームページ

●ノーリツ 給湯器の場合】
【ノーリツコンタクトセンター】
フリーダイヤル(無料):0120-911-026
携帯電話からの場合(通話料が発生します):0570-064-910
ノーリツコンタクトセンターお問合せホームページ

●パロマ 給湯器の場合
【パロマ修理受付窓口】
フリーコール(無料):0120-193-860
パロマお問合せサポートホームページ

●パーパス 給湯器の場合
【パーパス点検受付センター】
フリーコール(無料):0120-323-884
パーパス「888」エラー関連ホームページ

888(88)エラーの点検費用はいくらかかる?(点検費用の目安)

点検費用は有料になりますが、メーカーや機器によって異なります。
下記の費用を目安にしてください。(出張費を含みます)
※点検の結果、不具合箇所等があった場合は、下記の費用の他に部品交換費用などが掛かる場合があります。
※地域や対応時間によっては、別途追加費用が追加で掛かる場合があります。

【ノーリツ給湯器】
家庭用 ふろ給湯器(暖房付) 9,500円(税別)
家庭用 給湯器・ふろがま 8,600円(税別)
家庭用 小型瞬間湯沸器 8,000円(税別)
家庭用 ビルトイン食洗機 12,800円(税別)

※点検制度の導入支援のため2021年3月受付分までは一律6,600円(税別)で対応しているようです。(食洗機除く)

【リンナイ給湯器】
家庭用 ふろ給湯器・給湯器・ふろがま 9,300円(税別)
家庭用 小型瞬間湯沸器 8,100円(税別)
家庭用 ビルトイン食洗機 13,100円(税別)

給湯機器の設計上の標準使用期間について

給湯器を長期で使用していると経年劣化が生じるため、安全上支障なく使用できる期間として、「設計標準使用期間」が定められています。その期間を過ぎると、経年劣化により事故が発生する可能性があります。
主な設計標準使用期間は下記の通りになります。(寿命とは異なります)

【設計標準使用期間】 10年屋内式ガス瞬間湯沸器・屋内式ガスふろがま・石油給湯機・石油ふろがま・屋内式暖房機能付きガス瞬間湯沸器・小型湯沸器・ビルトイン式食器洗い機
【設計標準使用期間】  3年ガス業務用給湯器(32号以下の屋内式)・石油業務用給湯機

 

888エラーに関する動画(ノーリツ編)

長期使用製品安全点検制度について

平成21年4月1日より、長期使用製品安全点検制度が施行されました。該当する特定保守製品とは、経年劣化リスクがあり、設計標準期間使用後も継続使用する場合は点検を行い、その結果を踏まえた措置が必要な製品になります。
主な該当商品は、下記の製品になります。
[1] 屋内式ガス瞬間湯沸器 [2] 屋内式ガスバーナー付ふろがま [3] 石油給湯機 [4] 石油ふろがま(石油風呂釜) [5] FF式石油温風暖房機 [6] ビルトイン式電気食器洗機 [7] 浴室用電気乾燥機
くわしくはこちらのページをご確認ください。

新型コロナウィルスに対する影響及び弊社対応について
ご注意ください!その工事は安全ですか?ガス機器の工事には資格が必要です!
給湯器販売工事会社満足度3冠達成!

お手続き・
保証等について

キャンペーン・
ピックアップ商品等

複数台まとめてお得に!

省エネ機器について

メーカーで選ぶ

  • Rinnai
  • NORITZ
  • Paloma
  • PURPOSE
  • Panasonic
  • CORONA
  • TOSHIBA
  • MITSUBISHI ELECTRIC
  • DAIKIN
  • 日立

給湯器を選ぶ参考に

給湯器のエラーコード
・症状について

施工事例・お客様の声

会社情報

その他