給湯器・ガスコンロなどに関するお役立ちコラム

給湯器の寿命について

給湯器を取り替える方の多くは、故障で使えなくなった時ではないでしょうか。とくに水温の低い寒い時期は、給湯器の使用率が高くなり、給湯器がフル稼働しますので、寿命がきていた給湯器が急に壊れてしまうといったこともあります。給湯器は毎日の生活に欠かせないものです。買い替えなくてはならなくなった時に、時期によっては工事が集中したり、交換に適した商品が欠品するなどしてすぐに交換が出来ない場合がありますので、給湯器の寿命を知った上で計画的に給湯器の交換をご検討されることをおすすめします。

給湯器の寿命

給湯器の平均的な寿命は、10年から15年程度とされています。もちろん使い方や、使う頻度、給湯器の種類にもよりますが、各メーカーでも、標準的な使用条件で使った場合、安全上の支障がなく使用可能な設計標準使用期間は家庭用給湯器であれば「10年」と設定しています。
この平均的な寿命はあくまでも目安なので、もし給湯器を使う際に異常な音がしてきたり、お湯の温度が定まらなくなったり、お湯になるまでに時間がかかりすぎてきたら交換の時期かも知れません。
また、10年を過ぎても問題なく使用出来る場合もありますが、各メーカーは一定期間ごとに新しい機種にモデルチェンジするため、旧型の給湯器の部品のお取り寄せが出来ない場合があります。(一般的に各メーカーの給湯器の修理部品保有期間は、当該機種の生産終了から10年程度のため、修理部品が調達出来ず修理が出来ない場合があります。)特に冬は給湯器のトラブルが多い季節でもあるので、修理や機器交換の依頼をしても修理や工事までにお日にちが掛かる可能性もあります。

kyuutouki_jyumyou

給湯器を交換するときの判断ポイント

給湯器を交換するタイミングは、「給湯器の寿命」を目安に判断されることをおすすめいたします。
給湯器の寿命は一般的に10年前後と言われており、10年前後の給湯器は温度にバラつきが出る、お湯が出るまでに時間がかかるなどの症状が現れます。
各メーカーの給湯器修理用部品も10年を目安に設定されていますので、設置から10年が経過している給湯器の修理は難しい場合があります。
また、設置から5年程度であれば修理でも構いませんが、10年以上の給湯器は他の部品の不具合で故障が発生する場合も考えられますので、修理にかかる費用を交換に回していただいた方が、結果的に費用を抑えられることもあります。

下記のような症状が出ている場合は、そろそろ交換の時期です。 リモコンにエラー表示が出るようになった ※エラー表示の内容によって異なります。 点火しづらくなった お湯の温度が安定しなくなった お湯が出てくるまでの時間が長くなった 給湯器から大きな音がするようになった 給湯器の排気口まわりにサビが出てきた 給湯器まわりから水漏れがある においがするようになった

給湯器は経年劣化により燃焼効率が悪くなっている可能性もあります。給湯器も最新の機能や省エネ性の高い新製品も出ています。「設置してから10年」というのを目安に買い替えをご検討することをおすすめします。
湯ドクターでは給湯器の取り付け、修理取次を行っています。給湯器に関するお問い合わせは、湯ドクターまでお気軽にご連絡ください。

給湯器が壊れて初めて買い替えを考える方が多いですが、給湯器の寿命を知っていれば事前にあわてず良い給湯器を調べておくことが可能になります。
ご注意ください!その工事は安全ですか?ガス機器の工事には資格が必要です!
給湯器販売工事会社満足度3冠達成!

お手続き・
保証等について

キャンペーン・
ピックアップ商品等

複数台まとめてお得に!

省エネ機器について

給湯器を選ぶ参考に

給湯器のエラーコード
・症状について

施工事例・お客様の声

会社情報

その他