給湯器・ガスコンロなどに関するお役立ちコラム

給湯器の寿命(耐用年数)や交換時期を判断するタイミング、基準とは?

給湯器を取り替える方の多くは、故障で使えなくなった時ではないでしょうか。とくに水温の低い寒い時期は、給湯器の使用率が高くなり、給湯器がフル稼働しますので、寿命がきていた給湯器が急に壊れてしまうといったこともあります。給湯器は毎日の生活に欠かせないものです。買い替えなくてはならなくなった時に、時期によっては工事が集中したり、交換に適した商品が欠品するなどしてすぐに交換が出来ない場合がありますので、給湯器の寿命を知った上で計画的に給湯器の交換をご検討されることをおすすめします。

給湯器の寿命(耐用年数)はどれくらい?

給湯器の平均的な寿命は、10年から15年程度とされています。もちろん使い方や、使う頻度、給湯器の種類にもよりますが、各メーカーでも、標準的な使用条件で使った場合、安全上の支障がなく使用可能な設計標準使用期間は家庭用給湯器であれば「10年」と設定しています。
この平均的な寿命はあくまでも目安なので、もし給湯器を使う際に異常な音がしてきたり、お湯の温度が定まらなくなったり、お湯になるまでに時間がかかりすぎてきたら交換の時期かも知れません。
また、10年を過ぎても問題なく使用出来る場合もありますが、各メーカーは一定期間ごとに新しい機種にモデルチェンジするため、旧型の給湯器の部品のお取り寄せが出来ない場合があります。(一般的に各メーカーの給湯器の修理部品保有期間は、当該機種の生産終了から10年程度のため、修理部品が調達出来ず修理が出来ない場合があります。)特に冬は給湯器のトラブルが多い季節でもあるので、修理や機器交換の依頼をしても修理や工事までにお日にちが掛かる可能性もあります。

kyuutouki_jyumyou

給湯器を交換するときの判断ポイント

給湯器を交換するタイミングは、「給湯器の寿命」を目安に判断されることをおすすめいたします。
給湯器の寿命は一般的に10年前後と言われており、10年前後の給湯器は温度にバラつきが出る、お湯が出るまでに時間がかかるなどの症状が現れます。
各メーカーの給湯器修理用部品も10年を目安に設定されていますので、設置から10年が経過している給湯器の修理は難しい場合があります。
また、設置から5年程度であれば修理でも構いませんが、10年以上の給湯器は他の部品の不具合で故障が発生する場合も考えられますので、修理にかかる費用を交換に回していただいた方が、結果的に費用を抑えられることもあります。

下記のような症状が出ている場合は、そろそろ交換の時期です。 リモコンにエラー表示が出るようになった ※エラー表示の内容によって異なります。 点火しづらくなった お湯の温度が安定しなくなった お湯が出てくるまでの時間が長くなった 給湯器から大きな音がするようになった 給湯器の排気口まわりにサビが出てきた 給湯器まわりから水漏れがある においがするようになった

給湯器の故障を防ぐ工夫や使い方

給湯器の故障の原因には様々な要因があります。
給湯器の中はガスの燃焼を制御する部品、水の流量を制御する部品、数多くのセンサー、水をお湯に変換する熱交換器、空気を送る部品、着火するための部品、凍結を予防する部品、適正な温度で出湯するための制御をする部品、電子基板など多くの部品が入っています。
それぞれの部品が経年劣化と共に正常に作動しなくなってきますが、給湯器のお使い方によっては給湯器の寿命を延ばすことも出来るかと思います。

給湯器の故障防止のコツ1(使用時間)

給湯器の設計標準使用期間は10年

給湯器の設計標準使用期間は10年(業務用の機器は3年間)と言われており、時間に直すと3,650時間の燃焼までは耐用するよう設計されています。(算定根拠の使用条件:家族構成4人世帯、春秋の気温20℃ 湿度65%、給水温度15℃ 出湯温度40℃、1日使用量456リットル1日使用時間1時間、1年使用日数365日)そのため、お湯を出しっぱなしにしたりすることにより燃焼時間も増えてしまいますので、お湯は必要な時に必要なだけ使用することで、燃焼時間も抑えられ給湯器を長持ちさせることが出来るかと思います。また、燃焼時間を抑えることによってエコにもつながります。

給湯器の故障防止のコツ2(凍結防止)

給湯器の凍結防止

よくある故障として給湯器内部の熱交換器の破裂による水漏れがあります。冬場において長い期間給湯器を使わない場合、電源を抜く方もいらっしゃいますが、電源を抜いてしまうと給湯機内部の凍結防止ヒーターが作動しないため、給湯器の中にたまった水が凍ってしまい膨張して破裂の原因となります。そのため、特に冬期は給湯器の電源を抜かないようにご注意ください。

なお、長い期間ご使用にならない場合でコンセントを抜いたり、ブレーカーを落としたりする場合は、給湯器の水抜き栓を開いて、給湯器内部の水を抜くようにしてください。

また、給湯器の故障ではありませんが、冬期において配管が凍結してしまうことがある地域においては、就寝前にお湯の蛇口から、少量の水を出し続けることをお勧めします。給湯器のリモコンの電源を切って、割り箸一本分の太さ程度の水を出し続けることにより、水を動かし凍結を予防します。

また、追いだき機能付きの給湯器をお使いの場合、凍結の恐れがある際は、浴増のお湯を排水せずに、残り湯が循環金具より 5cm 以上上にある状態にしておいてください。機器が外気温を感知し、自動的にポンプ運転を行い凍結を防ぎます。

給湯器の凍結に関しては、くわしくはこちらをご覧ください。

給湯器の故障防止のコツ3(給湯器の周囲の環境)

給湯器 雑草

屋外設置型給湯器の排気口の前に物置などを置いている現場をたまに見かけます。排気口の近くに障害物があると、排出された排気が給湯器の給気口から入り、ショートサーキットを起こして不完全燃焼を起こして故障の原因になります。

給湯器の給気と排気は給湯器を燃焼させるためにとても重要な役割がありますので、給気口をふさいだり、排気口近くに障害物を置くのはやめましょう。

また、給湯器の周囲に雑草などが生えていると、給湯器の中にクモの巣が張られたり、虫などが混入して故障の原因になることがあるので、給湯器の周囲はキレイにしておきましょう。

給湯器の故障防止のコツ4(入浴剤の使用)

入浴剤の使用

リラックス効果や保温効果、保湿効果、血行促進効果、清涼効果、清浄効果などがある入浴剤を使う方も多いかと思いますが、給湯器を長持ちさせるためには、ご使用する入浴剤には注意が必要です。
お湯に完全に溶けて、浴槽の底が見える程度の透明感のあるものをおすすめしますが、イオウ成分を含んだ入浴剤を使用すると、配管や機器の熱交換器が腐食する可能性があるので使わないでください。また、炭酸入浴剤の場合、追いだきは発泡がやんでから使用してください。また、バスソルトなど塩分の強いもの、乳白色(白濁)のものを使うときは追いだきはしないでいただき、ご使用後はすぐに排水することををおすすめします。

給湯器の故障防止のコツ5(リモコンの掃除)

リモコンの掃除

リモコンの掃除には、塩素系・酸性・アルカリ性の洗剤や、ベンジン・シンナーなどの有機溶剤、メラミンスポンジを使用しないでください。変色・変形・傷・割れなどの原因になります。
リモコンの表面が汚れたときは、湿った布で軽く拭く程度にしてください。
※台所リモコンは防水になっていないので、水が掛からないようにしてください。リモコンの故障の原因になります。

給湯器の故障防止のコツ6(給湯器のご使用に関して)

冷水シャワー

リモコンの運転スイッチが「切」の状態で給湯栓を開けて水を出したり、シャワーを浴びないでください。給湯器内部の通水部分の結露により、機器の寿命が短くなります。
(サーモスタット式混合水栓で運転が「切」の状態で水を使用する際は、必ずハンドルの設定を「水」の位置にしてご使用ください。給湯器内部の通水部分の結露の原因になります。)
また、浴槽の循環金具(循環口)をタオルなどでふさがないでください。ふさぐと循環不良となり、おふろ沸かしが出来なくなります。

給湯器故障の症状別の原因と対処法

主な給湯器の故障の原因と対処方法をご紹介します。

主な給湯器の故障の原因と対処方法

【給湯器の故障の症状1】 エラーコード「111」が表示されて全くお湯が出ない。

[原因]  ガスメーターが遮断している(石油給湯器の場合は灯油切れ)※故障ではありません
[対処法1 ]  ガスメーターの復帰ボタンを押して復旧してください(石油給湯器の場合は灯油を補充してください)

[原因2 ]  ガス電磁弁、イグナイタ、点火プラグ、フレームロッドなどの部品の不具合
[対処法2 ]  メーカーサービスマンによる修理が必要です。

【給湯器の故障の症状2 】 エラーコード「562」が表示される。

[原因]  給水元栓が閉じている。断水。水道凍結。
[対処法]  給水元栓が閉じていないか。断水していないか。水道の配管が凍結していないか確認して、再度自動運転を行なって下さい。
不具合が解消されない場合は修理が必要になります。

【給湯器の故障の症状3 】 エラーコード「888」が表示される。

[原因]  故障ではありませんが、給湯のご使用開始から10年程度経過し、点検時期を通知するサインです。故障や異常ではないため使用はできますが、安全に製品をご使用いただくために点検されることをおすすめします。
[対処法]  各社のメーカーサービスマンによるあんしん点検(有償)を受けてください。
※くわしくはこちらをご確認ください。

【給湯器の故障の症状4 】 エラーコード「920」が表示される。

[原因]  故障ではありませんが、エコジョーズ給湯器の中に入っている中和器という部品が間もなく寿命になることをお知らせするエラーコードになります。
[対処法]  中和器の交換が必要です。(そのままご使用を続けるとエラーコード「930」が表示されて給湯器が使えなくなります。)

【給湯器の故障の症状5 】異音がする

[症状 ]  異音がする
[内容]  給湯器は運転している時や使ってない時も様々な音を発します。使っていない時でも凍結を防止するための動作をしているため音が出ることがあります。
なお、「キーン」といった共鳴音のような音が配管から聞こえる場合は、配管内に急激な圧力変化が起こったことが考えられます。また、ホラ貝のような「ピー」といった音が鳴る場合は、機器内部のファンモーター等の部品の不具合が考えられます。

給湯器関連の様々な症状については、こちらをご確認ください。

その他、リモコンにエラーコードが表示されている場合は、こちらをご確認ください。

給湯器は経年劣化により燃焼効率が悪くなっている可能性もあります。給湯器も最新の機能や省エネ性の高い新製品も出ています。「設置してから10年」というのを目安に買い替えをご検討することをおすすめします。
湯ドクターでは給湯器の取り付け、修理取次を行っています。給湯器に関するお問い合わせは、湯ドクターまでお気軽にご連絡ください。

給湯器が壊れて初めて買い替えを考える方が多いですが、給湯器の寿命を知っていれば事前にあわてず良い給湯器を調べておくことが可能になります。
新型コロナウィルスに対する影響及び弊社対応について
ご注意ください!その工事は安全ですか?ガス機器の工事には資格が必要です!
給湯器販売工事会社満足度3冠達成!

お手続き・
保証等について

キャンペーン・
ピックアップ商品等

複数台まとめてお得に!

省エネ機器について

メーカーで選ぶ

  • Rinnai
  • NORITZ
  • Paloma
  • PURPOSE
  • Panasonic
  • CORONA
  • TOSHIBA
  • MITSUBISHI ELECTRIC
  • DAIKIN
  • 日立

給湯器を選ぶ参考に

給湯器のエラーコード
・症状について

施工事例・お客様の声

会社情報

その他