給湯器・ガスコンロなどに関するお役立ちコラム

リンナイ ECO ONE(エコワン)交換工事

eco one(エコワン)イメージ

ECO ONE(エコワン)って何?

ECO ONE(エコワン)は、ガスの瞬発力と電気の持久力を併せ持った効率よくお湯を供給するハイブリッド給湯器。リンナイではハイブリッド給湯器にECO ONE(エコワン)という名称を付け販売しています。
給湯器は10年以上毎日使用する設備です。家庭で消費されるエネルギーの3割は給湯と言われています。ここを見直す事ですぐに給湯光熱費に差が出て参ります。電気・ガス・水というライフラインを全て使用する設備でもあり、全てにおいて光熱費が関わりますので、10年以上経過した給湯器をECO ONE(エコワン)にしたら、どれだけ光熱費が変わるのか診断してみましょう!

ECO ONE(エコワン)の名前の由来は?

ガスのエコジョーズと電気のヒートポンプによるベストミックスで、ECOでNo.1を目指す給湯器という意味で命名されました。常に進化し続け、No.1の省エネ性を保ち続けるという意味も含まれています。

ECO ONE(エコワン)の種類について

ECO ONE(エコワン)には大きく分けて、暖房機能付の機器と、暖房機能の無い機器があります。
また、暖房回路もハイブリッドになっているダブルハイブリッドタイプの機器と、給湯のみがハイブリッドになっているシングルハイブリッドタイプの機器があります。
※ダブルハイブリッドタイプの機器は、専用の高効率マットに合わせて設計されているため、既築住宅で高効率マットではない温水マットが設置されているところには向いていません。
また、設置条件によって、熱源機とタンクが一体型になったものや、熱源機とタンクを分離して設置出来るタイプがあり、タンクの容量も160Lタイプ、100Lタイプ、50Lタイプなどがあります。最も新しいECO ONE(エコワン)はヒートポンプの電源を分電盤から直結することなく、防水コンセントに差し込むだけで設置が出来るプラグインローボーイというタイプも発売され人気があります。
設置条件によって、湯ドクターでは最適な機器を提案させていただきます。

エコワン タンクの大きさ比較

無料見積依頼はこちらから

浴室暖房乾燥機の交換推奨機種はこちらから

ECO ONE(エコワン)の選び方

湯ドクターのお勧め

湯ドクターの一番のおすすめ160Lタイプ。
設置スペースに問題が無ければ、最も省エネ性能の高い160LタイプのECO ONE(エコワン)をお勧めします!

ダブルハイブリッド?シングルハイブリッド?

ECO ONE(エコワン)には暖房回路もハイブリッドのお湯を使って循環させるダブルハイブリッド仕様の機器がありますが、ダブルハイブリッドの場合、循環させる温水の温度が低いため専用の温水マット(床ホットE)を敷設する必要があります。通常の温水マットでも暖まらないことはありませんが、循環するお湯の温度が低いため適切な温度まで暖まらない可能性があります。
つきましては、新築で専用の温水マット(床ホットE)が設置出来る場合であればダブルハイブリッドタイプをおすすめしますが、既存の温水マットを再利用して機器を交換する場合は、シングルハイブリッド仕様の機器をおすすめします。

温水暖房の有無

ECO ONE(エコワン)には床暖房や浴室暖房なども使える温水暖房機能付の機器と温水暖房機能の無い機器があります。
床暖房や浴室暖房、温水ルームヒーター、パネルヒーターなどの温水暖房端末がある場合は、温水暖房機能付の機器を選定します。

設置場所から選ぶ

ECO ONE(エコワン)は、設置スペースによって設置可能な様々なバリエーションがあります。
敷地に問題が無い場合は、タンク容量160Lタイプや100Lタイプの一体型の機器をお薦めします。
設置スペースが狭い場合は、タンク容量50Lタイプで、熱源機とタンクを分離して設置出来るLOWBOYタイプの機器をお薦めします。

ECO ONE(エコワン)で使用できるガスの種類

ECO ONE(エコワン)には、都市ガス(13A)用の機器とLPガス(プロパンガス)用の機器があります。現在ご使用されているガスの種類を確認して、ガスの種類に合った適切な機器を設置します。

■新築の雄
省エネ住宅を追及するなら・・・160Lタンクタイプ(床暖房あり・なし)
床暖房をしたいけど光熱費は出来るだけ減らしたいなら・・・160Lダブルハイブリッド

■新築・既築のオールラウンダー
160L、100Lタイプ(不朽の名作・永遠のスタンダード):どの様な住宅にも違和感なく溶け込むスタイル・・・シングルハイブリッド

■給湯器の買い替えジョーズ
50L:狭小地でも設置出来るコンパクトサイズながら、エコジョーズを遙かに凌駕する光熱費

ECO ONE(エコワン)の仕組み

給湯の場合

通常のお湯を使用するとき:キッチンや洗面、シャワーなどで使用するお湯は、効率の良いヒートポンプで沸かして貯めておいたタンクからお湯を供給します。
お風呂へのお湯はりや数か所で同時使用するとき:お風呂への湯はりや複数の蛇口からの同時給湯など、お湯を大量に使用するときはタンクのお湯に加え、24号のエコジョーズで必要な湯量をサポート。湯切れもなく、お風呂の湯はりもスピーディーです。

エコワン 給湯イメージ

暖房の場合

ダブルハイブリッドの場合、床暖房の立ち上がりはエコジョーズで素早く部屋を暖め、定常時はヒートポンプで沸かしたお湯を循環して室温を維持します。ハイブリッドだから床暖房の快適性と光熱費の削減を両立できます。なお、浴室暖房や温水ルームヒーターなど高温暖房を使うお湯は、エコジョーズで沸かしてお湯を循環させます。
シングルハイブリッドの場合、床暖房や浴室暖房、温水ルームヒーターなどで使うお湯は、エコジョーズで沸かしてお湯を循環させます。

エコワン 暖房イメージ

※ダブルハイブリッドの場合、床暖房のお湯が約40℃になりますので、専用の高効率マットを使用しないと、適切な温度まで床暖房が暖まりません。(通常の床暖房は約60℃になります)

 

エコワン・エコジョーズ・エコキュート・エネファームの主な違いについて

エコワン

エコワンは、エコキュートの省エネ性とエコジョーズのパワーを合わせ持った給湯器。エコキュートではこれまでタンク内のお湯を使い切ってしまった際のお湯切れの心配がありましたが、エコワンはヒートポンプで沸かしたタンク内のお湯が無くなってしまっても、内蔵のエコジョーズでバックアップしますので、お湯切れの心配がありません。イメージ的には「エコキュート×エコジョーズ=エコワン」といった感じです。

エコジョーズ

エコジョーズは、これまで従来型の給湯器では約80%程度だった燃焼効率を約95%まで高めた高効率ガス給湯器。潜熱回収型給湯器とも呼びます。

エコキュート

エコキュートは、ガスを使わずヒートポンプ技術を利用しで空気の熱でお湯を沸かすことができる電気給湯機。エアコンのように室外に設置されたファンで外気の熱を吸収して、その熱を利用してお湯を温めます。

エネファーム

エネファームは、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム。ガスから取り出した水素を空気中の酸素と化学反応させて発電して、発電の際にできた熱を給湯に利用するシステム。

無料見積依頼はこちらから

浴室暖房乾燥機の交換推奨機種はこちらから

ECO ONE(エコワン)の特長

■ヒートピンプ冷媒にR32を採用

R32冷媒を採用
R32とは、オゾン層破壊係数がゼロで、さらに地球温暖化係数が極めて低い新しい冷媒。安全性や経済性など多方面から見て最もバランスが良いため、次世代冷媒として注目を集め、世界標準化が進められています。ECO ONEは、今後グローバル・スタンダードとなっていくR32を採用。地球温暖化を防止し、環境保全に貢献します。

■どこでもリンナイアプリ

どこでもリンナイアプリ
家でも、外からでも、快適なエコワン生活。リンナイは給湯器を外出先からスマートホンでコントロールし、帰宅したら直ぐに入浴出来たり、事前に床暖房をつけておいて暖かくなった部屋に帰る事も可能としました。また、室内でもスマースピーカーへ話しかける事で別の家事をしながら、湯張りや追い焚き、床暖房も行なう事が出来ます。

■プラグインローボーイ

 プラグインハイブリッド プラグイン ローボーイ 幅広いご家庭への「導入しやすさ」を追求した屋外コンセント対応モデル。 ※プラグインハイブリッド給湯器は、設置が出来ない地域もあります。
これまでのECO ONEは全てヒートポンプに分電盤から直結による単独配線が必要でした。しかしリフォームにおいては工事費が高くなる事につながり、せっかく光熱費が下げられる提案があるのに思うようにECO ONE の設置が進みませんでした。しかしながら、プラグインローボーイは家庭用防水コンセントに通常のコンセントプラグを繋げるだけでヒートポンプの電源が入る画期的な商品のため、リフォーム市場でも注目されてます。
※プラグインローボーイ対象機種のみ

■太陽光発電との相性もGOOD!

太陽光発電モード搭載
太陽光エネルギーは「売る時代」から「自家消費する時代」へ。
太陽光発電によって余った電気を電力会社に売電できることが注目された太陽光発電ですが、これからは売電価格の下落が予測され、、一方、電気の使用者が負担する再生可能エネルギー賦課金は年々増加していく傾向にあるため、太陽光で得た電力を有効に自家消費することが必要とされています。
ECO ONE(エコワン)には、太陽光発電モードが搭載され、昼間の余剰電力時間帯を有効に使って蓄熱するので、太陽光エネルギーをムダなく効率的に貯めることができます。

【再生可能エネルギー賦課金推移】
2012年 0.22円/kWh → 2013年 0.35円/kWh → 2014年 0.75円/kWh → 2015年 1.58円/kWh → 2016年 2.25円/kWh → 2017年 2.64円/kWh → 2018年 2.90円/kWh
※再生可能エネルギー賦課金は、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって電力の買取りに要した費用を、電気をご使用の方に電気の使用量に応じて電気代として負担いただくものです。

■快適なフルオートタイプ

すべておまかせ全自動

ECO ONE(エコワン)は、お湯はりから、おいだき、保温、自動たし湯、配管クリーンまですべておまかせの全自動フルオートタイプ。快適なお湯生活を実現します。

■パワフルな高圧給湯でシャワーも快適!

パワフルな高圧給湯でシャワーも快適

ECO ONE(エコワン)は、高圧力減圧弁を搭載することで、パワフルな高圧給湯を実現。戸建住宅の2階でのシャワー使用時にも、勢いよくたっぷりのお湯を出湯することができ、家中どこでも快適な給湯ライフをかなえます。

【ECO ONE(エコワン)のデメリットについて】
高い省エネ性能のECO ONE(エコワン)ですが、下記のデメリットがあります。
・通常のガス給湯器と比較して導入費用が高い(設置から交換までのランニングコストも含めたトータルコストでは優れていますが、設置時に通常のガス給湯器より初期費用が掛かります。)
・お湯を使う量が少ないご家庭では、メリットが出ない場合があります。そのため、1人暮らしや2人暮らしでお湯をあまりご使用にならないご家庭にはおすすめできません。

無料見積依頼はこちらから

浴室暖房乾燥機の交換推奨機種はこちらから

ECO ONE(エコワン)のランニングコストについて

■給湯光熱費が62%お得(エコワン160Lタイプ)
電気とガスのエネルギーをハイブリッドすることで高い省エネ性を実現したエコワン(160Lタイプ)は、従来型のガス給湯器と比べて、ガス代の削減により給湯コストを約7万円削減。石油給湯器や電気温水器と比べても給湯ランニングコストを削減し節約することができます。

[年間給湯ランニングコスト 約62%削減] ※年間給湯+おいだき負荷18.3GJ  LPガス料金:従来ガス給湯器、エコワン(160Lタイプ)ともに通期450円/m3  電気料金:25.6円/kWh(基本料金を除く平均単価)  建築物のエネルギー消費性能に関する技術情報  国立研究開発法人建築研究所(協力:国土交通省国土技術政策総合研究所)  エネルギー消費性能計算プログラム(住宅版)Ver.2.3.1(6地域)に基づき試算[2017年12月現在]

■給湯光熱費が約半分に!(エコワン LOWBOYモデル)
高い省エネ性を実現したエコワンLOWBOYモデルは、従来型のガス給湯器と比べて、ガス代の削減により給湯コストを5万円以上削減。石油給湯器や電気温水器と比べても給湯ランニングコストを削減し節約することができます。

[年間給湯ランニングコスト 約51%削減] ※年間給湯+おいだき負荷18.3GJ  LPガス料金:従来ガス給湯器、エコワン(160Lタイプ)ともに通期450円/m3  電気料金:25.6円/kWh(基本料金を除く平均単価)  建築物のエネルギー消費性能に関する技術情報  国立研究開発法人建築研究所(協力:国土交通省国土技術政策総合研究所)  エネルギー消費性能計算プログラム(住宅版)Ver.2.3.1(6地域)に基づき試算[2017年12月現在]

ECO ONE(エコワン)の歴史について

東日本大震災以降、住宅の省エネ化は必須となりました。国の求める省エネ性は年々水準が高くなり、より高効率である事が求められて来ました。給湯で消費されるエネルギーは家庭内で3割を占めると言われており、給湯器の省エネ化の役割はより大きなものとなりました。
そこでECO ONE(エコワン)は常に進化し続け、発売当初112%だった一次エネルギー効率は徹底的に無駄を省く事で高効率へ導き、8年で156%を達成する事が出来ました。これによりユーザーメリットも光熱費62%削減が可能になりました。
ECO ONE(エコワン)は日本の北から南まで地域に沿ったラインナップおよび戸建から集合住宅に至る全ての住宅にマッチする商品の開発をし、製品化してきました。そして今後も進化し続けていきます。

初代ECO ONE(エコワン) 2010年~

進化を遂げた高効率給湯器 世界初ハイブリッド給湯器、誕生!

進化を遂げた高効率給湯器 世界初ハイブリッド給湯器、誕生! ハイブリッド給湯器 タンクユニット50L システム希望小売価格:720,000円(税抜) 発売日:2010年4月2日

リンナイ ハイブリッド給湯器【熱源機・タンク一体タイプ】
税抜希望小売価格 720,000円 発売日 2010年4月2日
■一次エネルギー効率 112%
■暖房回路標準搭載
■タンクサイズ50L

第2世代ECO ONE(エコワン) 2012年~

給湯の省エネトップランナーを達成

給湯の省エネトップランナーを達成 ハイブリッド給湯・暖房システム タンクユニット100L システム希望小売価格:765,000円(税抜) 発売日:2012年4月23日

リンナイ ハイブリッド給湯・暖房システム【熱源機・タンク一体タイプ】
税抜希望小売価格 765,000円 発売日 2012年4月23日
■一次エネルギー効率 125%
■タンクユニットをスリム化(エコキュートと比べて容積比40%減)
■タンクサイズ100L

第3世代ECO ONE(エコワン) 2015年~

■省エネ性がさらに向上

省エネ性がさらに向上 ハイブリッド給湯・暖房システム シングルハイブリッド タンクユニット100L/暖房能力:17.4kW システム希望小売価格:800,000円(税抜) 発売日:2015年4月

リンナイ ハイブリッド給湯・暖房システム【熱源機・タンク一体タイプ】
シングルハイブリッド
税抜希望小売価格 800,000円 発売日 2015年4月
■一次エネルギー効率 138%
■ヒートポンプの冷媒にR32を採用
※R32はオゾン層破壊係数がゼロで、さら に地球温暖化係数が極めて低い冷媒。
■設置性・施工性の向上
現場の設置スペースに合わせタンクユニットの正面を横に向けて設置することができ、奥行き 600mm の狭小地にも 導入が可能となりました。

第4世代ECO ONE(エコワン) 2017年~

省エネ性が飛躍的に向上

省エネ性が飛躍的に向上 ハイブリッド給湯・暖房システム シングルハイブリッド タンクユニット160L/暖房能力:14kW システム希望小売価格:820,000円(税抜) 発売日:2017年8月1日

リンナイ ハイブリッド給湯・暖房システム【熱源機・タンク一体タイプ】
シングルハイブリッド
ヒートポンプ:RHP-R222(E) タンクユニット:RTU-R1600 熱源機:RHBH-RJ246AW2-1
税抜希望小売価格 820,000円 発売日 2017年8月
■一次エネルギー効率 156%
■給湯光熱費63%削減
■タンクサイズ160L
■外出先から給湯器の操作が可能になりました。(専用リモコン設置時)

ECO ONE(エコワン)の寿命(耐用年数)について

ECO ONE(エコワン)の寿命(耐用年数)は通常の給湯器と同様に約10年と言われておりますが、エコワンはガス給湯器とヒートポンプ給湯器のハイブリッド給湯器になりますので、それぞれの運転時間は、ガス給湯器のみやヒートポンプ給湯器のみの場合と比較して短くなります。そのため、ガス給湯器やヒートポンプ給湯器と比較して寿命(耐用年数)は長くなる可能性があります。

ECO ONE(エコワン)の工事費用について

ECO ONE(エコワン)の工事費用については、既存機器の状況、基礎の有無、設置スペース、電気配線の状況などによって変動してきます。
特に大きな問題が無い場合、給湯・暖房タイプのECO ONE(エコワン)の工事費用は、おおよそ税別140,000円~180,000円程度になるかと思います。

ECO ONE(エコワン)を設置する場合の注意事項

■設置場所の確認
通常のガス給湯器よりも設置スペースが必要になります。
①奥行の確認
基本は有効寸法で550㎜以上が必要です。
ローボーイタイプについては500㎜以上が必要です。
②基礎の確認
ECO ONE(エコワン)のタイプにより基礎の要不要がございます。(50Lタイプのみ不要)
③電源の確保
プラグインローボーイのみ家庭用防水コンセントからヒートポンプへ電源供給出来ます。
しかし防水コンセントは2口以上で合計20A以上の電流が必要です。詳細は現地にて確認が必要です。
④設置可能エリア
プラグインローボーイのヒートポンプは単独配線ではないため電力W数を落として稼働します。そのため平成25年省エネルギー基準地域区分5~8地域での設置となります。
その他の本州向けECO ONE(エコワン)は3地域以上であれば設置可能です。
その地域以未満の場合は寒冷地用のECO ONE(エコワン)を選定する形になります。

■井戸水の利用について
ECO ONE(エコワン)は井戸水には対応していないため、水道水をお使い下さい。

■床暖房について
①ECO ONE(エコワン)の熱源機は全て40℃温水対応出来ますが、既存の温水マットにより60℃循環しか出来ない場合もございます。
②熱源機の種別で暖房能力が異なります。
RHBH-RJ245AW2-1(E)は最大4系統
RHBH-RJ246AW2-1(E)は最大6系統

ECO ONE(エコワン)の補助金について

次世代住宅ポイント

ECO ONE(エコワン)を始め、ハイブリッド給湯器は次世代住宅ポイント対象商品になっています。また、設置に関して各自治体等の補助金が利用出来る場合があります。補助金をご利用される場合、湯ドクターでは手続きの代行が出来る場合もありますので、お気軽にお問い合わせください。

無料見積依頼はこちらから

浴室暖房乾燥機の交換推奨機種はこちらから

 

ご注意ください!その工事は安全ですか?ガス機器の工事には資格が必要です!
給湯器販売工事会社満足度3冠達成!

お手続き・
保証等について

キャンペーン・
ピックアップ商品等

複数台まとめてお得に!

省エネ機器について

給湯器を選ぶ参考に

給湯器のエラーコード
・症状について

施工事例・お客様の声

会社情報

その他