号数・機能について |給湯器・ガス給湯器なら湯ドクター

  • 無料見積依頼
  • 修理依頼
  • お問い合せ
365日24時間受付TEL0077-789-240

給湯器販売工事のリーディングカンパニーNo.1

昭和2年の創業以来、おかげさまで89年。
給湯器・風呂釜の設置工事・修理依頼は湯ドクター!

365日24時間受付TEL0077-789-240
号数・機能について

号数・機能について

  • 号数について
  • 機能について

ガス給湯器の出湯能力は号数で表され、現在一般家庭用では主に16号、20号、24号の機器があります。号数は、水温+25℃のお湯を1分間に何ℓ出せるかの数値になります。

例えば水温15℃の時16号の機種ですと40℃のお湯を16ℓ出すことが出来ます。24号の機種ですと40℃のお湯を24ℓ出すことが出来ます。従って号数が高いほど豊富な湯量を確保できます。家族の人数、お湯の使い方などから最適な号数を選びましょう。

*配管条件(配管長・配管径・配管経路)、給水圧、給水温度により異なる場合があります。

ご参考までに出湯量を求める計算式は下記の通りになります。

【出湯量を求める計算式】

毎分出湯量=(号数×25)÷(湯温-水温)

よって仮に冬場で水温が5℃の場合、42℃のお湯を出すとなると

  • 【16号の場合】 (16号×25)÷(42℃-5℃)=約10.81ℓ
  • 【20号の場合】 (20号×25)÷(42℃-5℃)=約13.51ℓ
  • 【24号の場合】 (24号×25)÷(42℃-5℃)=約16.22ℓ

夏場で水温が20℃の場合、42℃のお湯を出すとなると

  • 【16号の場合】 (16号×25)÷(42℃-20℃)=約18.18ℓ
  • 【20号の場合】 (20号×25)÷(42℃-20℃)=約22.73ℓ
  • 【24号の場合】 (24号×25)÷(42℃-20℃)=約27.27ℓ

上記の通り冬場などで水温が低い場合、出湯量は少なくなりますので、水温の低い時期を考慮した号数選びが重要です。お風呂のシャワーとお台所で同時にお湯を使うことがある場合は、20号もしくは24号をお薦めします。

なお、一般的に42℃のお湯で普通のシャワーは毎分10ℓ、勢いのあるシャワーは15ℓ、台所4~6ℓ、洗面所4~8ℓ使用するといわれております。

*お風呂にお湯はりをする際は、ほとんどのメーカーの機器が給湯回路を使ってお湯はりをしますので、号数が大きい方がお風呂にお湯をためる時間も短くなります。

*集合住宅の場合、規約により号数アップが出来ないことがあります。
また、ガス配管の口径やガスメーターの容量によっても号数アップが出来ない場合があります。

出湯量から号数を考える

出湯量グラフ この画像を拡大する

ご家族の構成で号数を考える

ご家族の構成で給湯器の号数を決める際の主な目安は下記の通りになります。

*冬場の水温が5℃で42℃の湯温のシャワーを1分間に12ℓ出す場合、計算式にあてはめると

12ℓ=(号数×25)÷(42℃-5℃)→号数17.8号

台所で1分間に35℃のお湯を4ℓ出す場合

4ℓ=(号数×25)÷(35℃-5℃)→号数4.8号

4人家族イメージ

4人以上の家族なら24号の給湯器がお薦めです。

シャワー約17.8号、台所約4.8号、洗面所約4.8号となり、合計は27.4号必要な計算になりますが、シャワーと台所と洗面所3箇所で同時に使うことは少ないので、使用時間が重なる可能性のあるシャワーと台所を同時に使用すると仮定して、17.8号+4.8号=22.6号となり、24号の機器をお薦めします。

2人家族イメージ

2人家族なら16号か20号の給湯器を選びます。

2人家族の場合、給湯器16号、20号で迷ってしまう人が多いようですが、給湯器20号だと少し余裕がもて快適に過ごせます。もしくはシャワーと台所の同時使用がなければ16号でも快適に過ごせます。ですが冬場にもしシャワーと台所を同時使用をした場合、給湯器16号だと物足りなさを感じることがあるので、余裕をもって20号を選ぶことをおすすめ薦めします。

一人暮らしイメージ

1人暮らしであればお湯をシャワーや台所で同時に使用することもないと思いますので、16号をお薦めします。しかしながら水温によって出湯量は変化しますので、冬場でもたっぷりシャワーを浴びたい方は20号を選択しても良いかと思います。

石油給湯機の出湯能力について

石油給湯機の能力はkW(kcal/h)で表されます。

ご参考までに出湯量を求める計算式は下記の通りになります。

【石油給湯機の出湯量を求める計算式】

毎分出湯量=給湯負荷(kcal/分)/(湯温-水温)

よって仮に冬場で水温が5℃の場合、42℃のお湯を出すとなると

  • 【37.2kW(32,000kcal)の場合】 (32,000kcal÷60分)/(42℃-5℃)=約14.41ℓ/分
  • 【46.5kW(40,000kcal)の場合】 (40,000kcal÷分)/(42℃-5℃)=約18.02ℓ/分

夏場で水温が20℃の場合、42℃のお湯を出すとなると

  • 【37.2kW(32,000kcal)の場合】 (32,000kcal÷60分)/(42℃-20℃)=約24.24ℓ/分
  • 【46.5kW(40,000kcal)の場合】 (40,000kcal÷60分)/(42℃-20℃)=約30.30ℓ/分

給湯器の機能について

現在販売されている追焚機能付の給湯機器にはフルオートタイプとオートタイプの機器があります。
主な特長は下記の通りになります。

フルオートイメージ この画像を拡大する オートイメージ この画像を拡大する
  自動湯はり 自動保温 たし湯 配管クリーン
フルオート 自動
オート 手動 ×

現在お使いの給湯器がフルオートの場合、オート機種に変更しますと、ご不満につながる場合があります。現在お使いの給湯器がフルオートの方は、買い替え機種もフルオートをお薦めします。

オートタイプとフルオートタイプの違いについて

フルオート・オートとも自動保温をする機能は同じなのですが、自動保温をするための方式が違います。 フルオートタイプはお湯の水圧を感知して温度や水量を測るため、例えば誰かがお風呂から上がった場合にすぐさま温度や水量を感知して追焚きや足し湯をする仕組みになっております。

一方、オートタイプの給湯器は一定時間(30分程度)ごとにポンプを利用して温度を測り、追焚をするという構造になっております。

従って、例えば誰かがぬるいお湯につかった後、機械が温度測定をする前にお風呂に入るとぬるく感じる場合があります。
また、オートタイプは自動足し湯機能がないため、お湯が少なくなっても自動足し湯がされません。 (フルオートタイプには自動足し湯機能がついています。) また、フルオートには自動配管クリーン機能がついており、浴槽のお湯を排水したときに、自動で、配管からお湯をだして配管内をきれいにします。オートにはその機能がないので、排水時に足し水や足し湯ボタンを押してもらえれば、定量が配管からでてくるため、同様の効果が得られます。

*一部メーカーの機種においては、オートタイプの機器でも特別な操作をすることにより、フルオートタイプの機器と同様に追焚配管の往きと戻りの両方の配管にお湯を流す機能があります。

配管クリーン(配管洗浄)について

浴槽の栓を抜いた時に、追焚配管をきれいなお湯で洗い流す機能。

毎日の入浴で汚れがちな追焚配管。フルオートタイプは、浴槽の栓を抜くだけで、追焚配管をきれいなお湯で洗浄します。汚れや水アカ、入浴剤などを洗い流すため、いつでも清潔に入浴できます。

配管クリーン(配管洗浄)イメージ この画像を拡大する

自動足し湯について

設定水位まで自動で足し湯!家族みんな快適入浴!

前に入った人がお湯を使って減ってしまっても、水位が下がったことを自動で検知。設定水位まで自動で「足し湯」を行います。浴室に入った後に「お湯が少ない!」と困ることもありません。

自動足し湯イメージ この画像を拡大する

【フリーコール】
 0077-789-240
【IPフォン・ひかり電話からは】
 049-256-0788

IT取得・認証

Go to top