補助金進捗率について

第1期分 都市ガス→受付終了 LPガス→受付終了

第2期分 都市ガス→受付終了 LPガス→受付終了

省エネルギー性に優れた潜熱回収型給湯器(エコジョーズ)を設置して使用することを予定している方に対して、その購入費用の一部を国の補助金として交付する制度です。 是非この機会に国の補助金制度のご活用をおすすめします。

募集期間

募集期募集期間申請書類の提出期限
第1期平成22年4月13日(火) 〜平成22年6月25日(金) 17時20分平成22年7月30日(金)
第2期平成22年7月1日(木) 〜平成22年9月30日(木) 17時20分平成22年10月29日(金)

都市ガスの場合 http://www.gasproc.or.jp/condensing/index.html
LPガスの場合 http://www.nichidankyo.gr.jp/hojo/kyuto/index.html

補助金の募集期間中であっても、申込額の合計が予算額に達した日をもって申込みは締切りとなります。

申込から申請までの流れは下記の通りになります。

  • @補助金申込 (都市ガス振興センターもしくは日本LPガス団体協議会のHPから申込出来ます)
  • A申込受理 (本登録完了メールの受理)「補助金申込受理通知書」、「補助金交付申請書類」の受理
  • ※本登録完了メールの受理後、工事着工可能になります。
  • B工事
  • C補助金交付申請書類の提出 (お客様 → 都市ガス振興センターもしくは日本LPガス団体協議会)
  • D交付決定通知書の送付 (都市ガス振興センターもしくは日本LPガス団体協議会 → お客様)
  • E補助金交付(銀行振込み)

補助金額

補助金額 20,000円
補助金交付の基準額 105,000円(消費税を除く)

※給湯器本体の購入価格が、基準額(105,000円)未満の場合、交付対象外となり申込は出来ません。

応募条件

  • 補助金の応募には以下の要件をすべて満たすことが必要です。
  • @ 申請者は給湯器を購入・設置し、実際に使用する使用することを予定していること。(注1)
  • A 設置予定の給湯器は、補助対象給湯器であること。(注2)
  • B 補助対象給湯器の設置工事着工前に申込むこと。
  • C 受理通知を受けた後に、補助対象給湯器の設置工事を着工すること。
  • D 設置工事完了期限日までに補助対象給湯器の設置工事を終了すること。
  • E 補助金交付申請書及び添付書類の提出期限を厳守すること。
  • F 給湯器の常時使用を前提とし、6年(法定耐用年数)以上使用できること。
  • G 他の国庫金と重複して補助を受けない(受けていない)こと。

(注1) 賃貸アパートのオーナー様が給湯器を購入しアパートに設置する場合も応募可能です。
ただし、以下の場合は、応募が出来ません。
@販売を目的に分譲、建売等の住宅・建築物に補助対象給湯器を購入・設置する場合
A譲渡を目的に親や子等の住宅・建築物に補助対象給湯器を購入・設置する場合
B補助対象給湯器を既に設置済みの場合、設置工事の着工後の場合

(注2) 補助金対象給湯器
補助金対象機器一覧 PDFファイル(都市ガス用 平成22年5月21日現在)
補助金対象機器一覧 PDFファイル(LPガス用 平成22年5月31日現在)

注意事項

第1期に申込んだ補助対象給湯器の設置工事が第1期の「設置工事完了期限日」に間に合わない場合、設置工事を着工していなければ、第2期の募集期に改めて申込むことが出来ます。既に設置工事を着工している場合は、申込むことができません。

募集は、各期とも先着順に受付け、申込額が予算額に達した時点で締切となります。予算額に達した日に到着した申込み(記載等が不備な場合を除く)は、抽選を行い当選したもののみを受付けます。

申請書類の提出期限までに機器購入費用および工事費用のお支払いを完了している必要がありますので、補助金を申込む場合は、分割払いやクレジットカードのリボ払い等はご利用いただけません。

申請窓口

  • 都市ガス
  • 一般社団法人都市ガス振興センター
  • 潜熱回収型給湯器普及促進グループ
  • 〒105-0001東京都湊区虎ノ門1-1-18東京虎ノ門ビル3階
  • TEL.03-3502-5545 FAX.03-3502-5623
  • ホームページ http://www.gasproc.or.jp/condensing/index.html

潜熱回収型給湯器(エコジョーズ)について

排気中の水蒸気を凝縮する際に出る熱(=潜熱)を回収することで、熱効率を向上させたガス給湯器です。
省エネルギーとランニングコストの低減を実現し、地球温暖化に影響があるCO2の排出量を削減します。