エコジョーズとエコキュートは見た目、仕組み共に全く異なります。
エコジョーズは潜熱回収型給湯器と呼ばれ、これまで無駄にしていた排熱を利用して、効率よくお湯を作る給湯器になります。瞬間湯沸かし式だから見た目もコンパクトで置き場所にも困りません。大きさはエコキュートの10分の1程度です。しかも、必要な時に必要なだけお湯を沸かせます。

エコキュートはガスではなく深夜電力を利用して、お湯を作ります。深夜の時間中に運転開始し、電気で貯湯タンクの中にお湯を貯めるタイプの給湯器になります。またヒートポンプユニットと貯湯タンクが必要なため、庭やベランダにある程度のスペースが必要になります。

  • ヒートポンプユニット
  • 空気から吸収した熱を深夜電力で圧縮して高温に。従って、外気温の低い冬は効率が下がります。
  • 貯湯タンク
  • 1日分のお湯を深夜に沸かして貯湯するので、大きなタンクが必要。

エコジョーズにはメリットが沢山!お湯切れの心配もありません。

瞬間湯沸かし式のエコジョーズならお湯切れの心配なし。家族のライフスタイルに合わせて、いつでもパワフルな給湯可能。
タンクのお湯を使いきるとシャワーが水になってしまうなどといった、お湯切れの不安があります。
また、エコキュートは貯湯式の機器になり、ガス給湯器は直圧式の機器になりますので、水圧にもよりますが、一般的にガス給湯器に比べてエコキュートはお湯の勢いが弱くなります。

3ケ所同時使用や、2Fでもたっぷりのお湯を確保できるエコジョーズ。

エコジョーズなら2Fのシャワーや3ケ所同時使用もお手のもの。
減圧弁の設定が低いため2Fのお湯はり、シャワーなどに適さず、たっぷりのお湯が使えないことがあります。

エコキュートのお湯はそのまま飲めないって知ってますか?

エコジョーズは瞬間湯沸かし式なので、いつでも清潔で安全なお湯を使うことができます。一度沸騰させた清潔なお湯なのでもちろん飲用もできます。
長時間の使用で水質が変わったり、タンクに水垢がたまったりする可能性があるので、原則的に沸騰させないと飲用できません。

エコジョーズなら、いつでも急な来客が来ても大丈夫!

突然息子夫婦が遊びに来てもエコジョーズなら安心。清潔なお湯を好きな時に好きなだけ使えるので、お湯切れの心配がありません。
2人家族の小タンクの場合、お湯を使いきるとシャワーの途中でお湯が足りなくなってしまうなんてことも…。

総合エネルギー効率はエコジョーズの方が優れています。

(※給湯効率1.9で比較した場合)


エコジョーズの実働効率は約90%。エコジョーズは瞬間湯沸かし式だから、必要な時にたっぷりのお湯を沸かせて経済的です。(カタログ数値95%)
火力発電所からの電力は排熱・送電ロスがあるため、37%。エコキュートの年間給湯効率はカタログ数値上3.0以上とうたっていますが、実働率は約1.9程度のものもあり、総合エネルギー効率は約70%となるものもあります。( 1.9×37% )

エコキュートのCOP・APFって何?

COPとは、消費電力あたりの加熱、冷却能力を表す数値で、値が大きいほどエネルギー効率が優れていることに。エコキュートのCOPは3.0以上といわれていますが、深夜に1日分のお湯を沸かし貯めておくので放熱ロスが大きくなります。さらに、いつも多めに沸かしがちなので、残り湯が多く、CO2ヒートポンプユニットへの入水温度が高いほど、ヒートポンプ効率が低くなる特性があります。冬場の寒い時期には霜取運転などのロスも生じるなど、残湯や放熱ロス分を除いた実数値はカタログ数値以下になります。また、最近では年間を通しての給湯効率を表す「APF」という数値を使用していますが、カタログ上では3.0以上の数値を記載しているものが多いものの、実数値は使用条件によって異なってくるので、1.9程度〜3.5程度の数値になるようです。

瞬間式のエコジョーズなら放熱ロスもなし。

瞬間式だから必要な分だけお湯を作るのでムダがありません。
深夜に1日分のお湯を作るため、放熱ロスが多くなります。

エコジョーズもエコキュートもCO2排出量はほぼ同じ。

エコジョーズもエコキュートもお互い環境にやさしい商品。給湯時のCO2排出量は、ほぼ同等なんです。
自宅でCO2を発生しないので、環境にやさしいと思われがち。でも、実際は、発電所においてガス給湯器が排出するCO2と同じくらいのCO2を排出しているのです。

※電気事業連合会資料より
※電力中央研究所報告書 他 資料より

電力はベースになる電力を原子力発電等からまかない、上積み分は火力発電が中心となっていることから、一次発電ベースで考えると、かえってオール電化住宅の方が、CO2の排出量が多いというデータもあります。

エコジョーズなら省スペースでOK。余った敷地に木を植えればCO2削減にも貢献!?

エコジョーズなら、省スペースで設置できますので、余った敷地に木を植えればCO2削減にも貢献!? 仮に13万台のエコキュート設置台数分をエコジョーズにすれば、そのスペースに約13万本分の木が植えられ、65万kgのCO2を吸収し、大気浄化に貢献。この吸収量は、21,000世帯が冷房温度を28℃に設定した際のCO2削減と同等に。サツキ(根本直径3cm)が吸収する二酸化炭素の量:5kg/年。冷房温度28℃設定:31kg/年(環境省チームマイナス6%6つのアクション)
200V電力配線や基礎工事が必要で初期費用が高め。設置に約畳一畳分の面積が必要になるため、狭小地では設置できません。

トータルコストはエコジョーズ、エコキュート共に10年目でも同等です。

エコジョーズとエコキュートのトータルコストを比較した場合、ほぼ変わりません。
エコキュートの方がランニングコスト(給湯の燃料代)は安いのですが、イニシャルコスト(設備代金)が圧倒的に高いのです。また、エコキュートはヒートポンプが故障した時に、買換えになるケースが多いようです。

エコジョーズ
給湯暖房熱源機
(リモコン別)
合計¥441,000円(税込)
(定価。工事費は含みません。)
※[参考] リンナイ製 RUFH-K2403AW2-1(A)
エコキュート
多機能タイプ
(リモコン別)
合計¥924,000円(税込)
(定価。工事費は含みません。)
※[参考] ナショナル製 HE-D37AYCS